作業員女性

ハクビシン駆除を依頼|安心した暮らしを送る方法

害獣を退治する

3人の男性

自宅の天井から物音がする、家の周りに動物の足跡がある時は、ハクビシンが家に棲み着いている可能性があります。ハクビシンは、頭部から鼻のあたりまで白い線が入っています。体長は50センチから75センチだとされており、野良猫だと勘違いされることも少なくありません。この害獣は、決まった場所に糞や尿をします。ハクビシンが棲み着きやすい天井裏に、糞や尿をしてしまい臭いを放ちます。強い臭いだけでなく、天井の板を腐れてしまい、抜け落ちてしまうことがあります。これを放置していると、感染症やアレルギーを引き起こしてしまいます。害獣が棲み着いて困っている方は、ハクビシン駆除を行なっている会社に退治してもらいましょう。

ハクビシンは自分で駆除することができません。特定外来種に認められていないため、駆除を行なうには地方の自治体に申請をしなければならないのです。また、ハクビシン駆除を行なう際には、専門的な知識や退治方法を把握してないといけません。そのため、駆除に対応した専門の会社に任せた方が良いといえます。退治してくれる会社の中には、ハクビシンの糞や尿による腐れた天井板を直してもらうことができます。また、アレルギーや感染症を発症しないように、消毒や殺菌を行なってくれます。ハクビシン駆除をすることで、家に住む家族が病気を発症しないように安全に生活をすることができます。害獣を退治したい人は、ハクビシン駆除を行なっている会社に相談をしましょう。